プロポリスの副作用

サンプルイメージプロポリスを初めて口にする方には、副作用や好転反応といった生体反応が起こる場合があります。
よくても悪くてもなんらかの反応が起こるということは体に作用を及ぼしているということになります。

副作用になると、アトピーや肝機能などに影響して、アレルギー反応でかぶれたりかゆみがおこることなどが考えられます。
製造過程によりアルコールを含むのは妊娠中の方は気を付けたいものです。
プロポリスは、ほとんど体には悪い影響を及ぼすようなことはなく基本的には安全な食品ですが、
心配な方は、かかりつけの医者や販売業者などに直接お問い合わせしてみることが大切だと思います。
また、健康を害さないように取扱説明書や注意書きをよく読んで、保存方法や賞味期限なども確認した上で利用したいと思います。

好転反応という言葉を聞いたことがありますでしょうか?化粧品もそうですが、
正しいものであるほど体が反応して、吹き出物や湿疹など一時的に体に残っていた毒などが出てくる場合があります。
治療の過程で一時的に起こる身体反応のことです。
瞑眩(メンゲン)現象とも呼び積極的治癒反応がおこる場合があります。

目がくらむという意味合いを持っていて、漢方薬や灸などを行なったあとに体の変化で少し気分が悪くなったり、
だるさを感じたり、下痢をするという症状が現れる場合があります。
1〜2時間ぐらいから長くても半日から1日の現象と言われています。
体から毒が出ると治りが早いのも事実ですが、刺激が強いのを避けたい場合は少しずつ服用されるのがベストなのではないかと思われます。また汗をかいたり、熱がでたり、吐いたり、おしっこがよく出たりなど様々な症状が現れる場合があります。

西洋医学で考えると、炎症反応という部分だと思いますが、体に物質が入ると、反応する炎症のことで、ヒスタミンの影響で痛みや発熱などが現れる生体反応です。期間や回数など、病歴や生活習慣や食べ物などによって人それぞれです。体の外から異物が侵入したときや毒物や外傷などに反応する防御反応物質の一つですが、過剰に反応してしまうとアレルギーの原因になります。
汗の発汗する人は出にくいようですが、一時飲む量を控えるか辞めて様子をみましょう。

Copyright(c) 2012 Propolis site All Rights Reserved.