フコイダンとアガリスクとの関係

サンプルイメージフコイダンやアガリスク、プロポリスは、癌を抑制する働きがあると言われている有名な健康食品です。そのほかにも霊芝や高麗人参などあります。

フコイダンは、昆布やワカメ、めかぶやもずくやナマコなどといったヌルヌル、ネバネバとした成分に多く含まれる食物繊維の部分を指します。

アガリスクとは、血糖値を抑える作用があるということで、サプリメントやエキス、乾燥アガリスクが販売されています。ハラタケ科(毒キノコも多い)のきのこで、日本ではカワリハラタケのことをアガリスクと呼ぶことがあるようです。マッシュルームもハラタケ科に属しています。ブラジル原産のきのこで、ガンを抑制すると言われています。
アガリスクという名前の由来は、ロシア地域から命名したといううわさや、ギリシャ語からついた名前という説があります。アガリスクはお茶のように煎じて飲みますが、その後も効果があるため、サラダに使ったり、野菜炒めなどの料理に使われます。アガリスク茸に含まれる成分には、多糖類をはじめステロイド類、食物繊維・不飽和脂肪酸など含まれています。

ミツバチは、巣にプロポリスを塗って、巣や自分たちをウイルスなどから守るために、抗菌や殺菌・腐敗を防ぐために利用しています。プロポリスは、ミツバチが集めてきた樹脂などにミツロウや唾液などを混ぜて作っている物質です。はちみつとローヤルゼリーは、花弁やなどから集めて蓄えますが、プロポリスは、女王蜂や幼虫やはちみつを外敵や細菌から守るために巣の周りに作る壁の役割をしています。
フラボノイドやビタミンミネラル、アミノ酸などを多く含んでいるので、免疫力を高めたり炎症を抑える効果があると言われています。その他にも花粉症や糖尿病・美肌効果も期待され、抜け毛や口臭も予防します。また、菌の増殖を抑えるため防腐剤の役割もあります。

フラボノイドとは、ポリフェノールの一種で、植物や果物などの表皮に含まれています。紫外線を防いでいると言われます。レモン、おそばや玉ねぎ、ブロッコリー大豆や緑茶、赤ワインにも含まれています。血圧をコントロールする働きがあるので生活習慣病を予防してくれます。
▼また、高麗人参も美容や健康に良くおすすめです。詳しくはこちら。

Copyright(c) 2012 Propolis site All Rights Reserved.